オーバーヒートに注意!

Pocket

今年は8月にようやく梅雨明けしましたね。

Matterportの撮影は、基本屋内なのですが、屋外撮影のご依頼も結構あります。

梅雨前までは快適なのですが、梅雨になると当然雨を避けなければならず、諸葛孔明のように天気を操作できるわけではありませんので、週間天気予報で予定日を決めて、雨雲レーダーで当日の天気を読んで撮影日を設定するわけです。

さて梅雨が明けた今、一番の懸念は

「オーバーヒート」

これは気を付けないと、クリティカルダメージを負う事になります。

ちなみに屋外の撮影はLeica BLK360を用いる事になりますが、このBLK360、よく見たら空冷機構が見当たりません。もしかしたら金属製の外装がヒートシンクになっているのかもしれませんが、炎天下では逆に蓄熱してしまい、気を付けないとほんの数十秒~数分で熱くなります。

しかし、問題はスキャナだけではありません。
撮影アプリを操作するiPadも。

iPadは安全機能が働くので、オーバーヒートで強制的に停止します。(画像参照)
こうなった時には、何も知らせてくれないセンサー側も相当の負荷が掛かっているはず。
さあ、おとなしく休憩しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です