2021年9月の Matterportの更新について

Matterportアップデート(2021.09)の影響

iPad版「Capture」アプリが、たまに起動できない場合があります。

Matterport「Capture」アプリ更新と、iOSのメジャーアップデート時期が重なった結果…

対策:iOSのバージョンは現在、2021年9月21日に正式リリースされたiOS 15が最新です。
iOS 14をお使いの場合、たまにCaptureアプリ起動時に画面が真っ暗なまま起動できないという事例があり、こちらはiOSを最新の15にアップデートする事で解決するようです。

もしアプリの起動が不安定と感じたらiOSバージョンのご確認を!

    • iOSバージョンの確認方法:
      1. 「設定」→「一般」→「情報」から、「システムバージョン」の番号を確認します。
      2. 「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から、アップデートの有無を確認し、アップデートがあれば実行します。

 

アップデートする事で、Matterport 関連以外で大きな不具合が発生したという報告は現在のところ無いようですので、iOSだけでなくCaptureアプリそのものや、Pro2カメラのファームウェアのアップデートもしておいたほうが、いざ撮影という時にトラブルに見舞われずに済むのではないかと思います。

2021年10月15日現在 各アップデート最新版
・iOS:iOS15.0.2
・Matterport Capture:v4.8
・Pro2カメラファームウェア:v1.1.770.22021.344d2d7-P

 

アプリとダッシュボード(my.matterport.com)が日本語化されました。

先月、Captureアプリとダッシュボードの表記が日本語化されました。
ただ、ちょっとおかしな翻訳になっている部分もあり、英語版のほうが慣れもあり使いやすかったなぁという方もおられると思います(私もそうですが)。

ダッシュボードの言語は、設定から英語版に戻せます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です