MatterTags Search(タグ検索機能)

Matterportの撮影・編集方法の新機能をご紹介。

この記事では、Matterportの撮影・編集方法で、新しく搭載された機能についてご紹介します。

Matterportスペース内「タグ検索」機能

Matterportスペースの標準機能でタグの検索や一覧表示が可能になりました!

公式表記:『訪問者はSpace内のすべてのデータ要素を素早く検索できます。検索可能なデータには、表示可能なタグ、メモ、測定値などがあります。』

 

・何が変わったの?

これまで多数のタグを埋め込んだスペースでは、目的のタグやその他の情報まで一発で辿り着くのは非常に困難でしたが、今回の機能追加により、利用者が目的の情報まで迷わず辿り着けるようになりました。

 

・利用方法

この機能は、Matterportスペースの閲覧者全てに適用されます。もし機能をOFFにしたい場合は、全体の設定または個々のスペースの編集から設定でON/OFF切り替えが可能です。(このページの最後に切り替え方法を記載)


画面左上に、今回新しく虫眼鏡のアイコンが出現しました。

 

アイコンを押すと、まずタグの一覧が表示されます。

 

まず上部には「Search space」とあり、タグ内で使っている文字列を検索できるようになっています。

たとえば、「01」と入力してみると、タグ内で01と記載があるものが一覧表示されます。

 

グループ化」では

「タイプ」と「階」を選択できます。

「階」を選択すると、表示が「グループ 階」になり

一覧の上部が「Mattertags(タグ数)」から、
階層別の「Floor 階数(タグ数)」に変わりました。

 

・ON/OFF 切り替え方法

この機能が不要な場合の、各スペース単位での ON/OFF 切り替え方法をご紹介します。

my.matterport.com の「編集」を選択し、画面右下にある「設定」を選びます。

画面左の「詳細」を選択し、一番上に出てくる「Space Search」の右にあるスイッチで ON/OFF を切り替えます。

 

・所感

これまで、タグをはじめスペース内部の情報を検索したり一覧表示するにはSDK・APIを用いたスクリプトが必要でしたが、今回の機能追加で標準機能としてそれらが表示できるようになりました。

もちろん、デザインを変えたい・表示方法を変えたいといった場合にはSDK開発が必要となりますが、まず標準機能として検索できるようになったという事で、より手軽に展開できる様々な用途への可能性が広がったのではないかと思います。

 

それでは皆さま、良いMatterportライフを過ごしましょう!

 

新「公開」機能(β版)設定方法【Matterport 】

Matterportの撮影・編集方法の新機能をご紹介。

この記事では、Matterportの撮影・編集方法で、新しく搭載された機能についてご紹介します。

新「公開(β版)」機能

Matterportの「共有および招待」では、これまでの公開設定は次の3段階でした。

  1. プライベート:共同作業者に限定
  2. パスワード保護:パスワードがある人は全員閲覧可能
  3. 非掲載:リンクがある人全員が閲覧可能、Matterportアドオンで他のサイトに公開可能

(*Matterport公式表記より)

 

今月ここに、4つ目の段階「公開(β版)」を追加できるようになりました。

公開(β版):インターネットを使用している人全員が閲覧可能、Matterportアドオンで他のサイトに公開可能、Matterport Discoverで共有済み、インターネット検索エンジンによるインデックス化済み

 

・何が違うの?

これまでも、上記3「非掲載」でURLを公開状態にすることは可能でした。では、何が違うのかというと、

・「非掲載」はあくまでURLが公開されている状態

・「公開」は、Matterportのスペース公開ポータル「Matterport Discover」への共有と、検索エンジンによるインデックス化により、指定したキーワードでGoogleなどの検索で出てくるようになる設定

・URLが一部変化する
例:https://my.matterport.com/show/?m=c1Huo3JkZQ2
→ https://matterport.com/discover/space/c1Huo3JkZQ2

 

つまり、単にURLを公開するだけでは「観れる」状態なだけであり、URLを教えて貰うかリンクしているWebサイトからしか辿り着けませんでしたが、もっと積極的に世界へ公開していくことができますよ!という機能のようです。

ちなみに「非掲載」は、以前「公開」という表記になっていましたが、少し前に「非掲載」に変わってなんか変な表現だなぁと思っていたら、この新しい「公開」設定が追加されるためだったのですね。

 

・準備

まず、この機能は2022年1月22日現在β版であり、使用は自己責任でという事と、デフォルトでは無効になっているため有効化する前準備が必要です。


1,my.matterport.com/  の「管理」をクリックします。

 

2,公開共有オプション(β版)をオンにします。

 

 

 

2−2,これでオンの状態になり、新「公開」機能(β版)が使えるようになりました。

 

 

・設定方法

 

1,編集したいMatterportスペースを選択し「詳細」をクリックします。

 

2,ここの「住所」と「キーワード」を入力しないと機能しません。

 

3,「キーワード」はアタマに#をつけてカンマ区切りで一括入力もできますが

 

そのまま何も付けずに、1単語ずつ入力する事もできます。

 

こんな感じで、最大10個のキーワードを設定できます。

※一括入力の際はカンマ区切りです。日本語表記にしていると例では句読点になっていますが、句読点では無くカンマで区切る必要があります。

 

 

4,編集したいMatterportスペースを選択し「共有」をクリックします。

 

共有のアイコンが変わりました。これで設定完了です。

 

・確認

Matterport Discoverに共有されているかチェックします。

 

Matterport Discoverサイトで、いま設定したスペースが出てくるか試してみましょう。

 

さっき登録したキーワードのひとつを検索してみます。

 

出てきました!

 


無事に読み込まれたのを確認。

 

地図を出す仕様なので、住所が必要なんですね。

 

・所感

これまで、せっかくスキャンしたスペースもどうすれば第三者に観てもらえるのか?ここに辿り着いて貰えるのか?というのが課題としてありました。

まだβ版でもありこれで完璧とは思いませんが、ひとつの可能性として提供して頂き有難い機能だと感じました。

 

Matterport Discover
https://matterport.com/discover

作例:「東福寺 方丈」
https://matterport.com/discover/space/c1Huo3JkZQ2

Note 機能 β版公開!【Matterport】

Matterportに新機能「Note (Beta)」が追加されました!

新機能「Note (Beta)」とは

Matterportスペース内で、ファイル共有を含めたコラボレーター間の情報共有が可能になるツールです!

※すべてのレベルのプランで使用可能です。
※コラボレーター設定している人にしか共有されません。
※現時点では、あくまでβ版ですのでご注意ください。

・設定方法
1,my.matterport.com/ から「Settings」→「Manage」を選択
2,下へスクロールして「Note」をオンにする
3,「All Spaces」から選択したスペースを再生し、左下にアイコンを確認する

←これがONの状態です。

 

左下に「Notes」のアイコンが追加されました。

 

最初の起動時に表示される画面です。「Note」の概要が書かれていて、要約すると『今からスペースにノートを追加できます。すべてのノートは、あなたが追加したコラボレーターのみコメントや編集、データのアップロードが可能となっています。「@名前」で特定の人にメンションをつける事も可能です』
みたいな事を言っています。

使ってみた感じ

ちょっと触ってみたところ、ファイル共有もできるチャット機能が付いた、という感じです。

これまでMatterportを見ながら、他のチャットやSlackみたいなものでやりとりしていた方は、情報を一元化できるので便利かなと思いました。

 

こんな感じで「MatterTags」みたいにNoteを追加します。

 

右カラムに、新しいスレッドができました。

 

何やら、様々なファイルが共有できるとの事でしたので、「テスト.docx」というWordファイルを共有してみました。

 

これを「SAVE」すると、投稿完了です。
が、ファイル名を見るとどうやら日本語(2バイト文字)には対応していないようです。必要であれば、アップロード前にファイル名を半角英数に直したほうが良いでしょう。

 

無事、投稿できました。

 

スレッドをクリックすると、MatterTags同様そのマーキングした場所に飛ぶようになっています。データファイルを見ると、やはり日本語で付けていたファイル名は「__.docx」となってしまっていますね。

 

一応、それでもダウンロードは出来ました。

 

「RESOLVED」では、「未解決(Unresolved)」「解決済み(Resolved)」「すべて(All)」のうち、どれを表示させるか選択できます。

 

最後に、丸印のところ。ここまでずっと「FaceBook」と書いてあると思っていたら、「FeedBack」でした。笑

こちらからGoogleのアンケートに飛んで、Note機能の使い心地についてフィードバックを集めています。フィードバックを返しておくと、より良くなるかもしれませんので、ちょっと協力しておきます。

 

Matterport Notesについて公式YouTube動画と公式blog

本文:
Matterport公式ブログ「Note」

日本語翻訳:
Matterport公式ブログ「Note」Google翻訳

2021.09.03追記:
Matterportサポートサイト(日本語)に、以下Notesについてナレッジベースに追記がありました。

主な情報としては、共有できるデータのホスティング容量制限や、スペースを転送した場合はメモとファイルも転送され、転送先のホスティング制限にカウントされる。また転送先のコラボレーターに設定されていないユーザーはアクセスできなくなる可能性があるとの事です。

その他協力

素材協力:「鯛よし百番」Micro-heritage

Matterport SDKを使ったコンテンツ公開!

Matterport SDKを使い、「謎解きツアー」を体験できる無料コンテンツ

川口市立グリーンセンター ばーちゃる大温室

が公開されました!

こちらのコンテンツでは、謎解きツアーのほかにもバーチャルガイドツアーなども後々追加されていく予定です。

監修はテレビ大手キー局のフジテレビジョン様という事もあり、デザイン等もかわいく美しく、良い仕上がりとなっているのではないかと思います。

 

 

NYC 報告

ニューヨーク報告

ATRの「けいはんなグローバルアクセラレーションプログラムプラス(KGAP+)」にてNYCへ行ってきました。

有限会社LivingCG(東京)、iPresence合同会社(神戸)、株式会社exAgent(京都)の3社でタッグを組み、「ArchiTwin」という建築業界向けデジタルツインサービスの新規設立をテーマに提案してNYCで投資家向けのピッチを行うチャンスをいただき、3/1~3/7までNYCミッドタウンのERAへ。

完全に英語だけのイベントで、iPresence代表のクリス氏にピッチを一任し、LivingCGの関氏と私はクリス氏のサポートに。

それから、できるだけの3D撮影を敢行しましたので、別の記事にてご紹介します。

今回のNYでの結果を踏まえた展開は、また近く新しい報告ができると思いますので
今後とも引き続き、宜しくお願い申し上げます。

ONthe UMEDA

世界的なコロナウイルスの影響で、急遽リモートワークを導入される企業が増えていますね。
さて昨年12月9日に大阪梅田にオープンした、地下街直結のコワーキングスペース

「ONthe UMEDA(オンザ ウメダ)」様が、

3/20にMBSの番組「ミント!」にて、新しいテレワークの場所としてご紹介されました。

exAgentでは、ONthe様をオープン前に3D撮影し、立体案内図として公式サイトで採用していただいています。1階部分の天井が大阪地下鉄の某駅のようなデザインになっているのは、実は大阪地下鉄と関係のある施設だから。そんな遊び心が楽しいですね。
是非、一度実際に見てみてください!

・ONthe 3D案内図:

・ONthe公式サイト: https://onthe.osaka/
・MBS「ミント!」公式サイト: https://www.mbs.jp/mint/

サイト更新: exAgent 3D(3次元データ作成)

exAgent 3D(3次元データ作成)ページを更新しました。

・Matterportの各作例に、コメントを追加しました。
・概算価格表の内容を更新しました。
・以下のクレジットカード決済導入に伴い「お支払方法」を追加しました。

超初心者がRuby on Railsで詰まったところ

何とかお金をかけずにネット上の情報だけでRuby on Railsの勉強をしようとしていましたが、バージョン違いで全然使えない情報が溢れているので時間が勿体ない。

そう思って本屋へ行き、タイトルにつられてつい手に取ったたった1日で基本が身に付く! Ruby on Rails 超入門

本の環境が筆者の構築した環境と似ていたので即購入。

【筆者環境】
OS:Windows10 Home ×64
Ruby: v2.4.3-2
Rails: v5.1.5

【本の環境】
OS:Windows10 Pro
Ruby: v2.4.1
Rails: v5.1.2

しかし、それでもわずかな違いで書いてある通りに進まない…!
というところをメモ。
備忘録と同時に、同じ状況になってしまった人のお役に立てれば。

(P.016)
テキストエディターについて
本では「VS Code」というソフトを紹介していますが、筆者はそれ以前にネット情報を比較してインストールしていた「Aptana Studio3」を使用。

(P.040)
Pumaサーバーの停止について
思わず「ctrl + c」を忘れてコマンドプロンプトを閉じてしまった場合、再度コマンドプロンプトから「rails s」でサーバーを起動しようとしても、既に起動している、とエラーが表示されます。
C:\(ルート)>rails s
=> Booting Puma
=> Rails 5.1.5 application starting in development
=> Run `rails server -h` for more startup options
A server is already running. Check H:/(ルート)/tmp/pids/server.pid.
Exiting

この場合、そのエラーの下2行目に表示されているルートとserver.pidというファイルに注目。このファイルをエクスプローラーからでも削除すればOK。

(P.055)
ExecJS::ProgramErrorに遭遇した場合の対処方法について
本ではGemfileの設定にあるcoffe-railsのcoffe-script-sourceのgemバージョンを1.8.0に指定するよう書いてありますが、それを実行してもダメだったときは、「node.js」をインストールしてみてください。詳しくはコチラをご参考に。

(P.086)
データベースを事前に作成する
ここは手間取りました。本では
>rails db:create
で作成するとありますが、筆者の環境ではどうしてもこれが実行できず。
ネットで情報を探しまくった結果、「rake」で同じコマンドがあるという情報にたどり着き、
>rake db:create
でようやく本のとおりに実行できました。

(P.098)
Railsコンソールの抜け方
本の通り、
>rails c
でrailsコンソールを起動、
irb(main):001:0>
という表示が出ます。しかし、抜け方が書いてありません。。
結論は、
>exit
で抜ける、です。一度迷うと覚えられますが、さらっと聞いてしまうと思い出せないのは超初心者の証ですね…^^;

(P.108)
scaffoldコマンドの実行
>rails g scaffold Diary title:string body:text
このコマンドを実行しても、本のとおりに
(略)~diaries.yml?(enter "h" for help)[Ynaqdh]
とは聞いてきませんでした。

かわりに、下記のエラーが。
C:/(ルート)>rails g scaffold diary title:string body:text
invoke active_record
conflict db/migrate/(作成日時)_create_diaries.rb
Another migration is already named create_diaries: C:/(ルート)/db/migrate/(作成日時)_create_diaries.rb. Use --force to replace this migration or --skip to ignore conflicted file.

どうやら、最後の数行で対処方法の提案がある様子。
「このマイグレーションを別の場所に移すか、干渉するファイルを無視してskipしてね」といった感じか。
本では、エラー内でskipするかどうか聞いてくるのでnを入力して先に進む、とありますが、その展開にはならずskipしてね、と。分かっている人にすれば何でもない事でしょうが、超初心者にはその対処方法が分かりにくいと思います。

結論は、skipさせる場合コマンドの最後に「-s」(skipの省略コマンド)をつける、です。

>rails g model Diary title:string body:text -s

(P.128)
日記データを登録する
本の通りにやってみると、投稿を作成はできるものの、本ではIDが4になっているのに、980190963という全然違う数字に。

確か、chapter4-5でIDはPRYMARY KEYをAUTOINCREMENT(自動連番)にする、となっていたのを確認している(P.095)ので、たぶんそのPRYMARY KEYが980190962みたいな数なのかな、と推測。本やネットで検索してみるがヒットせず。

最終的に、sqlite3のデータベースを直接見る方法は無いのかな?と考えて、DB Browser for SQLite(64bit版)をインストール。

DB Browser for SQLiteで、
「Open Database」から(アプリのディレクトリ)/dbへ行くと、sqlite3のデータベースファイル(拡張子.sqlite3)がいくつか見つかりました。
その中から、「development.sqlite3」を選択すると、データベースの中身が登場。
「Browse Data」タブを選択すると、テーブルの選択画面に。
プルダウンから「sqlite_sequence」を選択。

name: diaries
seq: 980190962

を発見。
う~ん、PRYMARY KEYとは違うけれど、他にそれらしいものは無く、これかな?と思ってseqの値を1にして、上部の「Write Change」がアクティブになったのでクリック。

再度、日記データを登録すると、IDが3に!
…本の4にはならないですが、元々本のとおりにやっていても、それまでに2つしか投稿データを作成していないはずなので、ここは3で良いと解釈。

※このページは、随時更新や修正を加えていきます。