3Dスキャンによる3Dモデル作成

Photogrammetryは、通常の写真画像を基に3D形状をつくりあげる手法です。さまざまな角度からの写真を撮影する必要がありますが、例えばスマートフォンで撮影した写真からでも作成できるというのが利点です。

上の例は、約200㎜×120㎜、厚さ約40~50㎜の天然のコルク樹皮をデータ化したものです。こういった立体データ化する際に、CADや3DCGモデリングでは余計に手間やコストが掛かってしまうような場合に有効な手法です。