MatterTags Search(タグ検索機能)

Matterportの撮影・編集方法の新機能をご紹介。

この記事では、Matterportの撮影・編集方法で、新しく搭載された機能についてご紹介します。

Matterportスペース内「タグ検索」機能

Matterportスペースの標準機能でタグの検索や一覧表示が可能になりました!

公式表記:『訪問者はSpace内のすべてのデータ要素を素早く検索できます。検索可能なデータには、表示可能なタグ、メモ、測定値などがあります。』

 

・何が変わったの?

これまで多数のタグを埋め込んだスペースでは、目的のタグやその他の情報まで一発で辿り着くのは非常に困難でしたが、今回の機能追加により、利用者が目的の情報まで迷わず辿り着けるようになりました。

 

・利用方法

この機能は、Matterportスペースの閲覧者全てに適用されます。もし機能をOFFにしたい場合は、全体の設定または個々のスペースの編集から設定でON/OFF切り替えが可能です。(このページの最後に切り替え方法を記載)


画面左上に、今回新しく虫眼鏡のアイコンが出現しました。

 

アイコンを押すと、まずタグの一覧が表示されます。

 

まず上部には「Search space」とあり、タグ内で使っている文字列を検索できるようになっています。

たとえば、「01」と入力してみると、タグ内で01と記載があるものが一覧表示されます。

 

グループ化」では

「タイプ」と「階」を選択できます。

「階」を選択すると、表示が「グループ 階」になり

一覧の上部が「Mattertags(タグ数)」から、
階層別の「Floor 階数(タグ数)」に変わりました。

 

・ON/OFF 切り替え方法

この機能が不要な場合の、各スペース単位での ON/OFF 切り替え方法をご紹介します。

my.matterport.com の「編集」を選択し、画面右下にある「設定」を選びます。

画面左の「詳細」を選択し、一番上に出てくる「Space Search」の右にあるスイッチで ON/OFF を切り替えます。

 

・所感

これまで、タグをはじめスペース内部の情報を検索したり一覧表示するにはSDK・APIを用いたスクリプトが必要でしたが、今回の機能追加で標準機能としてそれらが表示できるようになりました。

もちろん、デザインを変えたい・表示方法を変えたいといった場合にはSDK開発が必要となりますが、まず標準機能として検索できるようになったという事で、より手軽に展開できる様々な用途への可能性が広がったのではないかと思います。

 

それでは皆さま、良いMatterportライフを過ごしましょう!

 

新「公開」機能(β版)設定方法【Matterport 】

Matterportの撮影・編集方法の新機能をご紹介。

この記事では、Matterportの撮影・編集方法で、新しく搭載された機能についてご紹介します。

新「公開(β版)」機能

Matterportの「共有および招待」では、これまでの公開設定は次の3段階でした。

  1. プライベート:共同作業者に限定
  2. パスワード保護:パスワードがある人は全員閲覧可能
  3. 非掲載:リンクがある人全員が閲覧可能、Matterportアドオンで他のサイトに公開可能

(*Matterport公式表記より)

 

今月ここに、4つ目の段階「公開(β版)」を追加できるようになりました。

公開(β版):インターネットを使用している人全員が閲覧可能、Matterportアドオンで他のサイトに公開可能、Matterport Discoverで共有済み、インターネット検索エンジンによるインデックス化済み

 

・何が違うの?

これまでも、上記3「非掲載」でURLを公開状態にすることは可能でした。では、何が違うのかというと、

・「非掲載」はあくまでURLが公開されている状態

・「公開」は、Matterportのスペース公開ポータル「Matterport Discover」への共有と、検索エンジンによるインデックス化により、指定したキーワードでGoogleなどの検索で出てくるようになる設定

・URLが一部変化する
例:https://my.matterport.com/show/?m=c1Huo3JkZQ2
→ https://matterport.com/discover/space/c1Huo3JkZQ2

 

つまり、単にURLを公開するだけでは「観れる」状態なだけであり、URLを教えて貰うかリンクしているWebサイトからしか辿り着けませんでしたが、もっと積極的に世界へ公開していくことができますよ!という機能のようです。

ちなみに「非掲載」は、以前「公開」という表記になっていましたが、少し前に「非掲載」に変わってなんか変な表現だなぁと思っていたら、この新しい「公開」設定が追加されるためだったのですね。

 

・準備

まず、この機能は2022年1月22日現在β版であり、使用は自己責任でという事と、デフォルトでは無効になっているため有効化する前準備が必要です。


1,my.matterport.com/  の「管理」をクリックします。

 

2,公開共有オプション(β版)をオンにします。

 

 

 

2−2,これでオンの状態になり、新「公開」機能(β版)が使えるようになりました。

 

 

・設定方法

 

1,編集したいMatterportスペースを選択し「詳細」をクリックします。

 

2,ここの「住所」と「キーワード」を入力しないと機能しません。

 

3,「キーワード」はアタマに#をつけてカンマ区切りで一括入力もできますが

 

そのまま何も付けずに、1単語ずつ入力する事もできます。

 

こんな感じで、最大10個のキーワードを設定できます。

※一括入力の際はカンマ区切りです。日本語表記にしていると例では句読点になっていますが、句読点では無くカンマで区切る必要があります。

 

 

4,編集したいMatterportスペースを選択し「共有」をクリックします。

 

共有のアイコンが変わりました。これで設定完了です。

 

・確認

Matterport Discoverに共有されているかチェックします。

 

Matterport Discoverサイトで、いま設定したスペースが出てくるか試してみましょう。

 

さっき登録したキーワードのひとつを検索してみます。

 

出てきました!

 


無事に読み込まれたのを確認。

 

地図を出す仕様なので、住所が必要なんですね。

 

・所感

これまで、せっかくスキャンしたスペースもどうすれば第三者に観てもらえるのか?ここに辿り着いて貰えるのか?というのが課題としてありました。

まだβ版でもありこれで完璧とは思いませんが、ひとつの可能性として提供して頂き有難い機能だと感じました。

 

Matterport Discover
https://matterport.com/discover

作例:「東福寺 方丈」
https://matterport.com/discover/space/c1Huo3JkZQ2

Matterport tips003 ”撮影機器の運搬方法”

Matterport撮影の極め tips

Matterportの撮影方法tipsをご紹介。

この記事では、Matterportの撮影方法で、公式サイトではわざわざ紹介されていなかったり、推奨の方法とは違ったりする方法でも良い結果に繋がる裏技的方法を紹介していきます。

・Matterport 撮影tips「撮影機器の運搬方法」

Matterport Pro2や、Leica BLK360を使うMatterporterの皆様からたまに来るご質問に、「ケースってどんなの使っていますか?」というのがあります。

公式では↓こんなハードケースを販売していますね。

このハードケース、車での移動が多い方にはオススメです。
ただ、ハードケースは車以外の移動が多い場合には逆に重くて持ちにくくて困るんですよね。

持ちにくいなら転がそう、てな事でこんな↓キャリーケースもありますが、

こちらは私も大好きなProtexのフルスペック防水タイプです。

ただ、この機能に相応の価格(94,600円)は誰でもホイホイと購入できる価格でもありませんし、いくら静音キャスターとはいえ、微細でも振動を継続する環境が精密機器に良いはずもなく、やはりこちらも私は選択肢から外しました。(でも、ハードケース系を購入するならおそらくこれにします!)

 

ここからがtipsです

では、最終的に一番オススメは何かというと、

 

こちら

https://www.yodobashi.com/product/100000001002316005/

カメラ用バックパックです!

特にマンフロットのこの製品は手頃な価格(18,000円)なうえ、緩衝材をうまく配置することで、

  • Matterport Pro2本体とACアダプタ
  • Matterport Pro2本体とBLK360本体

ジャストフィットで、このどちらかの組み合わせでの持ち運びが可能になります。

 

さらにバックパックの利点をあげると、

  1. 緩衝材も付いていて振動や衝撃がおこりにくい
  2. 常に身につけておく事で紛失や盗難のリスクを減らせる
  3. 車や電車だけでなく、飛行機の機内にも手荷物として持ち込み可能

など、あまりに利点が多すぎて私はほとんどの現場にバックパックを使っています。
特に、海外での撮影時には荷物を置いておく事が出来ない場合もありますので、バックパックを背負って三脚ケースまで担いだまま撮影する事も珍しくありませんでした。(コロナ前までは…)

 

というわけで、今回はあくまで公共交通機関を利用するMatterporter向けの情報でした。

それでは皆様、引き続き楽しいMatterportライフを送りましょう!

Blur Brush(ぼかし)機能 β版公開!【Matterport】

本日、Matterportの編集に新機能「BlurBrush β版」が追加されました。

これにより、いままで要望の多かった撮影後のぼかし処理が可能になりました!(ウォークスルービューのみ)

※サブスクリプションのstarter以上のアカウントで使用可能です。

my.matterport.comのアカウント設定画面からBlurBrush(Beta)をオンにすると、Edit画面に機能が追加されます。

・設定方法
1,my.matterport.com/ から「Settings」→「Manage」を選択
2,下へスクロールして「Blur Brush」をオンにする
3,スペースのEdit画面で、ドロップ型のアイコンが追加されていればOK

・利用の注意点
1,一度確定したら解除できません。元に戻したいときは、スペースをもう一度別途作成する必要があります。
2,ドールハウスビューには適用されません。

本文:
https://matterport.com/blog/boost-privacy-new-blur-brush

日本語翻訳:
https://translate.google.com/translate?sl=auto&tl=ja&u=https://matterport.com/blog/boost-privacy-new-blur-brush

Matterport tips002 ”通信環境”

Matterport撮影の極め tips

Matterportの撮影方法tipsをご紹介。

この記事では、Matterportの撮影方法で、公式サイトではわざわざ紹介されていなかったり、推奨の方法とは違ったりする方法でも良い結果に繋がる裏技的方法を紹介していきます。

・Matterport 撮影tips「通信(Wi-Fi)環境」

Matterport撮影アプリ(Matterport Capture)では、Wi-Fi通信を利用して撮影機器とiPad間でデータやコマンドのやりとりを行います。そのため周囲のWi-Fi環境が撮影時間に影響する場合があります。

例えば筆者の体験では比叡山の山中のように4Gの回線ですら届かないような場所の場合、データ転送時間が体感して速いです(特にBLK360使用時に顕著です)。

それに対し、大阪駅前のグランフロント大阪など常時300回線以上のWi-Fiチャンネルが集中的に飛び交っているような環境(2020年1月時点)では、明らかに転送時間が遅いと感じます。

何となくそうではないかとずっと予想はしていましたが、無線干渉が原因と確信したのはグランフロント大阪の某展示施設を撮影した際に、音響専門の防音ブースを撮影した時でした。明らかに、防音ブースの外と中でデータの転送時間が違ったのです。あの街中で、山中なみの転送速度を目の当たりにしたのは衝撃でした。

ここからがtipsです

Matterportで撮影する際は、撮影者自身も隠れる必要があります。
その際、隠れる場所によっては電波状態に大きな影響を受けてしまい、最悪撮影中に通信が途切れてしまいエラーとなってしまう事もあります。電波干渉の強い場所では、通常よりも途切れやすくなりますので気を付ける必要があります。

撮影時に隠れる際のポイントは、

  1. 撮影機材から離れすぎないこと
  2. 電波を遮断するような大理石やコンクリートの厚い壁、金属製のドア、金属メッシュ等を避けます。もし避けようが無い場合は、なるべく電波が反射して届いてくれそうな位置にiPadだけでも置くこと
  3. 撮影終了後、速やかに撮影機材に近寄ること

これらを心がけることで、通信にかかるエラーを未然に防ぎましょう!

Matterport tips001 ”隠れる”

Matterport撮影の極め tips

Matterport Pro2の撮影方法tipsをご紹介。

この記事では、Matterport Pro2の撮影方法で、公式サイトではわざわざ紹介されていなかったり、推奨の方法とは違ったりする方法でも良い結果に繋がる裏技的方法を紹介していきます。

・Matterport 撮影tips「隠れる」

Matterport撮影時には、撮影者も含めて全員隠れるのが基本です(あえて人をモデルに加える場合などは別ですが)。

その際に、大きく2通りの隠れ方があります。

①.Pro2の死角になる場所に隠れる
②.Pro2の背面に隠れる

①の場合、壁や障害物の陰に撮影中じっと隠れる、②の場合はPro2の回転に合わせて常に死角を移動するわけですが、この際に共通で気を付けないといけない点が、反射物に自分の姿が映り込んでいないかと、照明や日光で自分の影が映り込んでいないか、という点です。

特に、合わせ鏡状になっている鏡やガラス、鏡面仕上げの金属など、さらには時間帯による変化もあり、夜の窓ガラスは鏡状になって映りこんでしまいやすくなっていたりと、意外と出来上がってから気が付く事も。

映り込みについて、本来は撮影完了ごとにそのポイントの番号をタップして開く「Preview -Not Final Quality」で粗い画質ながらも1点ずつ確認しながら撮影するのがベストです。

※ここからがtipsです。

よくよく観察すると分かるのですが、Pro2は隠れて撮影していても動作音で画像撮影のタイミングを知る事ができます。
Pro2は約20秒で、時計回りに60度ずつ360度を6回に分けて撮影します。その回転時に「ウイィーン」と音がして、その後半1秒ほど「ギュゥン」と、回転とは違う音が重なります。実はPro2はその音が終わるタイミングで画像とレーザーの撮影をしています。これを6回繰り返して、アプリ側で撮影完了を認識した時点でiPadから「ポポーン」と完了音が鳴ります。

(その後、転送完了時に「テロリリン」と鳴り、アプリ上で位置合わせ ”Aligning” が行われて位置認識がうまくいけば画面上に撮影ポイントが現れます)

 

この、撮影のタイミングは回転後の1秒ほどというのを知っていると、撮影時の機材の向きで、撮影時間を短縮できることに気が付きます(※映り込みに注意が必要です)。
その方法は、

1,隠れる場所の反対側にPro2の正面を向けて設置
2,隠れる直前に撮影ボタンを押す(「ウイィーン音」1回目の角度では写り込まない)
3,「ウイィーン音」5回目終了時に隠れた場所から出る(「ウイィーン音」6回目は最初にセットした角度=反対側なので写り込まない)

※撮影完了音が鳴り終わるまで撮影方向の前面に出ないようにします。iPadが「ポポーン」と鳴り終わるまで、撮影をしていますので、ひと呼吸早く出てしまうと写り込んでしまいます。

これで、1回の撮影当たり約4~5秒ほど時間短縮できます。もし100回の撮影だと500秒=約8分、200回の撮影だと約17分、800回だと1時間以上もの時間短縮になりますので、馬鹿にできないものです。